台湾 進出,台湾 輸出のアジアンブリッジ株式会社

台湾進出のアジアンブリッジ TOP > 会社紹介 > 台湾進出支援のアジアンブリッジについて
会社紹介

メッセージ

当社アジアンブリッジは、日本と台湾・アジア各国の人や企業の架け橋となり、
お互いが相乗効果を発揮し、活性化することを支援する会社です。

日本は、少子高齢化が進み、各分野の市場が収縮する一方で、
高い技術力や成熟した文化を保有しています。
一方で、中国や台湾をはじめとしたアジア各国は、今後高い経済成長が見込めるものの、
技術やソフト面では不足しているものも多々みられます。

私たちは、こうした双方の長所を生かすため、日本と台湾・中国・アジア各国のビジネスが出会い、
協力する機会と仕組みをつくっていきます。

ミッション・ビジョン

ミッション 私たちは日本とアジアの架け橋として日本企業のアジア進出、最初の一歩をお手伝いいたします ビジョン 1万社以上の日本企業の進出支援を通して、アジアの経済の融合と活性化を実現します

代表紹介 阪根嘉苗(さかね かなえ)

阪根 嘉苗(さかね かなえ)

1979年、台湾の高雄市に生まれる。
6歳のときに両親から離れ来日。台湾で高級日本料理店を経営する両親の影響により、 幼いころから自らも経営者を志す。10歳のときに日本に帰化し、その後も日本の教育を受けて育つ。

早稲田大学大学院卒業後、多くの経営者に出会え、かつ営業の経験を積みたいという思いから、 2004年4月にリクルートエージェントに入社。新規開拓営業を得意とし、年間100社以上の新規開拓を行う。

2010年にリクルートエージェントを退職し、幼いころからの夢であった台湾と日本の架け橋となるべく アジアンブリッジ株式会社を設立。
現在は日本の商品を台湾・アジアで広めるべく、流通サポート事業を中心に台湾と日本を中心に活動中。